ダウンロード
市議会が全会派一致して「見直しと誠意ある対応を求める意見書」を採択
小金井市議会は、本日(9月25日)、全会派一致して<都市計画道路「小金井3・4・1号線」「小金井3・4・11号線外」の 計画について見直しと誠意ある対応を求める意見書>を採択しました。
議員案第38号 都市計画道路見直しと誠意ある対応を求める意見書.pdf
PDFファイル 144.4 KB

 

 市内の未着手の都市計画道路(10路線)を

 

   市と都が検討し、方向性をまとめると発表 

 

小金井市は6月15日の市議会建設環境委員会で、「平成30年度を目途に、整備するものは整備し、見直すべきものは見直すとの基本的な考えに基づき、優先整備路線以外で未着手の都市計画道路の在り方に関する方向性を示すものであり、東京都及び小金井市を含む区市町が協働して検討を行う」ことを報告しました。(市のホームページ7月18日でも公表)

 

 今年度中に市と都が協議し、その結果を公表してパブコメで意見を募集し、さらに来年度中に方向性をまとめるというものです。

 

 これでは、市民の意見はパブコメだけで聞いたとするだけで、計画道路周辺の住民への説明も懇談会もなく、行政が一方的に決めることになる可能性があります。

 

 また、第四次優先整備路線に選定された2本の路線は検討対象から外しています。

 

 市が対象としている路線は次の通りです。

 

① 3・1・6号線(五日市街道)

 

② 3・4・4号線(行幸通り・武蔵小金井駅北口から西に延びる道路)

 

③ 3・4・1号線(連雀通りの西武線から東と新小金井街道から西側)

 

④ 3・4・3号線(新小金井駅から西に住宅街を貫く)

 

⑤ 3・4・8号線(東小金井駅東側のけやき通りから南へ新小金井駅までと北大通りから北へ)

 

⑥ 3・4・10号線(東小金井駅南口から南に3・4・3号線まで)

 

⑦ 3・4・12号線(図書館本館前の連雀通りから南へと、北大通りから北へ)

 

⑧ 3・4・14号線(小金井街道の前原4丁目から南へ)など

 

⑨ 3・4・15線(国分寺市境の南貫井町4丁目から南へ) 

 

⑩ 3・4・7号線(新小金井街道の一部)

 

ダウンロード
都市計画道路整備状況図(小金井)201706.jpg
JPEGファイル 640.2 KB

 

 

 

 

市長が知事に現地視察を要望、小池知事現地視察実現あるか?

 

西岡市長の小池都知事への要望(都市計画道路に関する箇所)

小池都知事と西岡市長の意見交換の「道路部分」を書き起こしました。

 

「最後になりますが、ぜひ、小池都知事には小金井にお越しいただきたいと思います。オリパラのフラッグが小金井に届けられます。4月1日です。ちょうどこの時期には、小金井公園に桜が満開となり、玉川上水には国の名勝である小金井桜が咲きほこります。小金井にお越しいただければ、小金井市民の方々も歓迎されます。

 そして、第四次都市計画道路の関係で、国分寺崖線にかかわるところに、東京都が計画されています。

 2つの路線につきまして、たいへん市民の関心が高い状態にあります。私も一定の考え方を東京都の方々にお伝えさせていただきました。ぜひ、ご視察にきていただいて、都知事には現場を見ていただいて、今後ご検討していただければと思います。」

これに対し、小池都知事は、

「知事の視察ということで、フラッグツアーへのお招きをいただきました。4月1日に予定されておりますので、日程があえば、ぜひお伺いしたいと思います。せっかくですので、伺うときにはいろいろさせていただきたいと思います。」と発言されました。

 

都のホームページの録画は下記から。

西岡市長の部分は、1時間38分頃からです。

 

https://www.youtube.com/watch?v=8i5IzReklqQ

 

小池都知事の多摩地域全市町村長との意見交換の3日目の14日午前の最後は西岡市長。

 

 市長は、子育て支援、再開発や庁舎問題、人事交流や、オリパラで小金井にフラッグが届けられる時期に小金井にきていただきたいこと要望した後、最後に、「第四次都市整備計画について」と発言。国分寺崖線にかかる2つの路線について、市民の関心が高いこと、知事に視察に来ていただいたおりに、ぜひ見ていただきたいと要望されました。

 

  小池知事は、フラッグツアーが4月1日に行われるので、日程調整して行きたいと表明、その折り、せっかくですから調整していきたいと、発言されました。

 

  小金井の2本の都市計画道路の現地視察を明言されたわけではありませんが、その含みを持った発言は、知事の現地視察の意欲があるとめるものでした。

  注:「東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアー」東京の全市町村と東北3県を巡回するもので、小金井市には、4月1日から7日に巡回。

  

 

市民の会からの西岡市長への申入書と西岡市長の回答書(2016年9月13日回答)

ダウンロード
小金井市長への質問状20160913.pdf
PDFファイル 237.4 KB
ダウンロード
西岡市長の回答書20161020.pdf
PDFファイル 750.4 KB

 

林議員が市議会建設環境委員会で質問

1110日開催の環境建設委員会で「「(仮称)はけと野川の緑と水辺を守り育てる条例」制定を求める陳情書」が不採択となりました。この審議に関連して、林倫子議員が市長に市民の声を聞くべきと質問、西岡市長が、東京都の北多摩南部事務所の方にも議会で答弁している内容をお話していると答えました。

 

西岡市長、本会議で、地元への配慮を欠いた事業は両路線とも希望しないと答弁

  

91日に本会議で、関根議員の2本の都市計画道路についての住民の声に小金井市としてどう、都に答えていくのか、小池新都知事の意見を紹介しながら、市長に答弁を求めました。

 西岡市長は、「2路線については小金井市民の意向を尊重し、東京都に直接出向き、伝えてきました。地元への配慮を欠いた事業着手を両路線とも希望するものではありません。都から事業化の相談があった場合には、十分に調整してまいりたい」と回答。 

市議会の録画は下記のユーストリームで見られます 開始から53分頃に市長が答弁。

 

http://www.ustream.tv/channel/koganeishigikai  

 

市議会本会議で、森戸議員が市として見直しを都に求めるべきと質問 

6月10日の小金井市議会本会議で、森戸よう子市議が都市計画道路問題で質問。都の開示資料で、明らかになった交通量が減っていることを公表しないようにとの会議録や、国会での宮本議員の質問で、国土交通大臣も地元の理解を得る必要があると答弁していることを示し、市として都に見直しを求めていくよう要請し、市長の見解をただしました。市長は市民の意見を聞くとしながらも、都に見直しを求めていくことには触れませんでした。

 

 

 

 市議会本会議で、百瀬議員と酒井議員が見直しを都に求めるべきと質問

 

小金井市議会の6月定例会の9日の本会議で、百瀬和浩議員と坂井えつ子議員が小金井市内の2つの都市計画道路について質問、市民の会から複数の方が傍聴しました。

 百瀬議員は持ち時間の1時間すべてを道路問題にあて、市長に計画の見直しを東京都に求めるべきと主張し、市長の見解を求めました。市長は「都と調整を進めたい」とわけのわからない答弁に終始しました。「計画道路の必要性として『緊急輸送道路』『避難道路』をあげているが、具体的には」との質問に、結局答えられず、「都と検討したい」という答弁。

 

坂井議員は、東京都のパブコメに表れた市民の意見を示し、この声をどう受けているのかを市長にただしても市長は答弁に立たず、都市計画部長が「自然を守るという声を重く受け止める」と。市長が市民団体との面談について感じたことを問われても、市長が答弁に立たないので、議場からも「市長に聞いてる」とのヤジも。市長はようやく「市民の声を都に伝えたい」と、自身の見解を表明しませんでした。

 また、百瀬議員と坂井議員は、国分寺崖線(はけと野川)の自然を保全する条例を市が制定することを求めたが、市は、現行の法制で十分として、提案に否定的な見解を表明しました。

 

本会議の模様は市議会ユーストリームで見ることができます。

 

Contact

メモ: * は入力必須項目です

メモ: * は入力必須項目です